ナビ番号:326
【弥八地蔵】
織田信長
音声案内を聞く
わたくし、ぎふ・いざないびと、織田信長がご案内申し上げよう。

ここ弥八地蔵は、松亀山誓安寺といい、わしの家老で美濃加賀野井(現羽島市)城主・駿河守重信の子・弥八郎が建立したと伝えられる。弥八郎は、合戦の時の不思議な体験がきっかけで僧侶となり、亡くなった兵士の供養をこの地で行ったことから、弥八地蔵と呼ばれておるのじゃ。また、入口には、かって高さ10mにも及ぶ大きな地蔵像があったが、老朽化のため山門に建て替えられた。今は、境内の奥に石地蔵が安置されておる。かつては、花柳界の信仰が厚かったところで、境内には料理屋の小店が軒を連ねている不思議な空間になっておるぞ。地蔵様に願を掛けると病気が治るといわれておるぞ。

□地図
□周辺施設紹介へ

□アクセス
柳ケ瀬バス停より徒歩5分

□岐阜バスNaviへ
□レンタサイクル情報
□イベント情報
□ぎふブランド情報
□飲食店などの情報


□ぎふ・いざナビへ