ナビ番号:611
【花子と下駄】
花子
音声案内を聞く
わたくし、ぎふ・いざないびと、花子がご案内いたします。

わたくしは、大正10年(1921)に帰国すると、西園町の芸妓置屋「新駒屋」を住まいとし、生活しておりました。床屋は徹明町にあった清水理髪店、履き物はここ美殿町の小川屋を気に入っておりました。わたくしは身長136センチで、足も小さかった為、小川屋に特別注文をしていたのです。大人の下駄を削って小さくし、一度に5、6足ずつ足袋と一緒に注文しておりました。下駄で、まちを歩くのもいいものですよ。

□地図
□周辺施設紹介

□アクセス
柳ケ瀬バス停より
徒歩1分

□岐阜バスNaviへ
□レンタサイクル情報
□イベント情報
□ぎふブランド情報
□飲食店などの情報


□ぎふ・いざナビへ