ナビ番号:618
【花子とドナルド・キーン】
キーン 画像
音声案内を聞く
私、ぎふ・いざないびとドナルド・キーンがご案内いたします。

私は、森鴎外の短編小説『花子』に影響を受けた日本文学者です。大正10年(1921)、花子は日本に戻り、昭和20年(1945)に亡くなるまでの24年間を故郷の岐阜で静かに過ごしました。晩年の花子は、ロダンがどんなに親切だったかを、よく想い出しては話していたと云います。花子とロダンの邂逅は、ロダンに霊感を与えて彫刻を作らせただけでなく、森鴎外にロダンと花子を主題とした一遍の短編小説を書かせました。鴎外はロダンを通して花子を見、花子の美しさ・強さを認識し、欧米の観客を魅了し続けた彼女の根源を『花子』に表現しました。花子は、ここ岐阜市鶯谷の浄土寺に眠っています。

□地図
□周辺施設紹介

□アクセス
東別院鶯谷高校前バス停より徒歩2分

□岐阜バスNaviへ
□レンタサイクル情報
□イベント情報
□ぎふブランド情報
□飲食店などの情報


□ぎふ・いざナビへ