ナビ番号:640
【幕末の中山道】
加納宿の町民
音声案内を聞く
わたくし、ぎふ・いざないびと、加納宿の町民がご案内申し上げます。

幕末動乱期の文久元年(1861)、和宮親子内親王(かずのみやちかこないしんのう)様は、公武合体のため十四代将軍徳川家茂様に降嫁されたのじゃ。中山道を経由して江戸へ向かう途上、10月26日に加納の本陣(松波藤右衛門宅)に宿泊され、そのときに詠まれたという歌が伝えられ、歌碑が建てられているのじゃ。「遠ざかる 都としれば 旅衣 一夜の宿も 立ちうかりけり」。宮様の不安なお気持がよくわかるようじゃ。

□地図
□周辺施設紹介へ

□アクセス
加納桜道バス停より徒歩1分

□岐阜バスNaviへ
□レンタサイクル情報
□イベント情報
□ぎふブランド情報
□飲食店などの情報


□ぎふ・いざナビへ