ナビ番号:600
【長良橋】
岐阜市まちなか博士
音声案内を聞く
わたくし、ぎふ・いざないびと、岐阜市まちなか博士がご案内いたします。

長良橋は、今日の連続鋼鈑桁の姿になるまで、岐阜と長良を結ぶ交通の要衝として渡し舟から舟を並べた舟橋・木トラス橋と変遷し、大正4年(1915)には、軌道を敷設した鋼製のトラス橋が架設されました。その橋も老朽化したため、現在の長良橋は、昭和27年(1952)にすぐ下流で橋の架け替え工事に着手し、昭和29年(1954)に竣工しました。長良橋は、人や車を安全に渡すだけでなく、古くから「心の架け橋」として、文学や芸術の作品にも取り上げられ、人々の心に刻まれていることでしょう。

□地図
□周辺施設紹介へ

□アクセス
長良橋バス停より徒歩すぐ

□岐阜バスNaviへ
□レンタサイクル情報
□イベント情報
□ぎふブランド情報
□飲食店などの情報


□ぎふ・いざナビへ