ナビ番号:705
【川原町界隈(庚申堂(伝燈護国寺跡))】
斎藤義龍
音声案内を聞く
わたくし、ぎふ・いざないびと、斎藤義龍がご案内申し上げよう。

ここ伝燈護国寺は、わしが、永禄3年(1560)京都の妙心寺から僧・別伝を招き、建立した寺である。わしは、この頃、勢力を有していた禅宗寺院を抑えるため、当時の禅宗の中心寺院であった瑞龍寺から、ここ伝燈護国寺に寺院の統制権を移そうとしたところ、それに反発した禅僧・快川紹喜(かいせんじょうき)らによって「別伝の乱」が勃発したのじゃ。結局は翌4年、わしが亡くなったことで反乱は終息したが、その後、この寺は廃寺、現在は、ここに庚申堂というお堂がひっそりとその面影を残しておるのじゃ。

□地図
□周辺施設紹介へ

□アクセス
材木町バス停より徒歩2分

□岐阜バスNaviへ
□レンタサイクル情報
□イベント情報
□ぎふブランド情報
□飲食店などの情報


□ぎふ・いざナビへ