ナビ番号:550
【柳ケ瀬・その名前の由来】
岐阜市まちなか博士
音声案内を聞く
わたくし、ぎふ・いざないびと、岐阜市まちなか博士がご案内いたします。

その昔、この柳ケ瀬付近は一面の沼地だったそうです。1200年前には、長良川の本流は金華山のふもとをまわり、柳ケ瀬付近を流れていました。やがて、戦国の世となり、その頃から長良川は、ほぼ現在の位置を流れるようになりました。しかし、沼地であった柳ケ瀬付近には家は無く、明治時代になってポツポツと人が住み始めていったそうです。そして、いつの間にか、この付近の川岸に柳の大木が何本も生い茂ったところから、柳のある瀬、つまり、「柳ケ瀬」なる地名が起こったそうです。

□地図
□周辺施設紹介へ

□アクセス
柳ケ瀬バス停より徒歩すぐ

□岐阜バスNaviへ
□レンタサイクル情報
□イベント情報
□ぎふブランド情報
□飲食店などの情報


□ぎふ・いざナビへ