ナビ番号:302
【円徳寺】
織田信長
音声案内を聞く
わたくし、ぎふ・いざないびと、織田信長がご案内申し上げよう。

永禄10年(1567)※注、わしが後に岐阜城と改めた稲葉山城を攻略したとき、本陣だった場所に移したのがこの寺である。わしはこの寺に陣鐘を寄進し、濃尾の寺院を統括させたのじゃ。また、楽市楽座の制札を与え、自由な商売を門前で開かせ、それは、子・信忠たちに引き継がれていったのじゃ。思えば、わしの父・信秀の時代の戦死者を祀った織田塚が建立され、また、孫・秀信が関ヶ原の戦で破れ、剃髪したのもこの寺であり、織田家とゆかりの深い寺なのじゃ。
※注 円徳寺の寺伝では永禄7年(1564)とされています。

□地図
□周辺施設紹介へ

□アクセス
金宝町バス停より徒歩2分

□岐阜バスNaviへ
□レンタサイクル情報
□イベント情報


□ぎふ・いざナビへ