ナビ番号:439
【御薗の榎】
織田信長
音声案内を聞く
わたくし、ぎふ・いざないびと、織田信長がご案内申し上げよう。

わしが永禄10年(1567)に当時井ノ口と呼ばれていた岐阜に本拠地を移したときには、城下町は戦乱で荒廃しておった。そこで城下町の繁栄のため、加納山(水道山)にある橿森神社の境内にあった御薗の榎(みそののえのき)の下に、自由な商売を保障する楽市場の制札を立てさせ、それにより岐阜のまちは大いに賑わっていったのじゃ。この榎は3代目で、今はここに移植されているが、かっては若宮町と美園町の交差点あたりにあり、市場を行きかう人々を見守っておったのじゃ。

□地図
□周辺施設紹介へ

□アクセス
竜田町バス停より徒歩10分

□岐阜バスNaviへ
□レンタサイクル情報
□イベント情報


□ぎふ・いざナビへ