ナビ番号:601
【御鮨街道】
長良川の鮎
音声案内を聞く
わたくし、ぎふ・いざないびと、長良川の鮎がご案内いたします。

この街道は、尾張藩が整備した街道で、尾張街道・岐阜街道などともいい、江戸時代、岐阜町から加納、笠松、一宮さらに美濃路との分岐点、四ツ家(愛知県稲沢市)まで約26キロほどを結んでいました。一宮に宿を置き、松並木なども見られたそうです。江戸時代の初めから明治初年まで、尾張藩が、毎年5月から8月まで、毎月6回、長良川の鵜飼で獲れた、わたしたち鮎を「なれ鮨」に加工して、この街道を利用して江戸幕府に献上していました。ですから、後に「御鮨街道」とも「鮎鮨街道」とも呼ばれるようになったのです。当時、美濃路から東海道を利用して4、5日ほどで江戸に届けられたといいます。

□地図
□周辺施設紹介へ

□アクセス
県総合庁舎前バス停より徒歩5分

□岐阜バスNaviへ
□レンタサイクル情報
□イベント情報


□ぎふ・いざナビへ