ナビ番号:436
【やとりせむあかさの杖になる日まで(妙照寺境内)】
松尾芭蕉
音声案内を聞く
わたくし、ぎふ・いざないびと、松尾芭蕉がご案内申し上げます。

「やとりせむあかさの杖になる日まで」この句は、貞享5年(1688)の夏、わたくしは、ここ妙照寺の住職であった己百(きはく)様の「しるべして見せばや美濃の田植え歌」という句に誘われて、岐阜の地を訪れました。そして、この句は、この寺に身を寄せた折、あいさつとして、己百様に贈ったものでございます。アカザは一年草で、茎は1メートルほどになり乾かして杖にするものであり、「庭のアカザが伸びて旅に使う杖になるまで、長く世話になりたいものだ」との意でございます。

□地図
□周辺施設紹介へ

□アクセス
本町1丁目バス停より徒歩2分

□岐阜バスNaviへ
□レンタサイクル情報
□イベント情報


□ぎふ・いざナビへ