ナビ番号:304
【小熊の火伏地蔵】
織田信長
音声案内を聞く
わたくし、ぎふ・いざないびと、織田信長がご案内申し上げよう。

寺伝では、今の羽島市小熊にいた地蔵を、わしが、永禄11年(1568)に現在地に移したのじゃ。しかし、地蔵が小熊に帰りたいというお告げがあったので、天正2年(1574)、このあたりの地名を小熊と改めてやったのじゃ。地蔵像は岐阜市の重要文化財に指定されており、昭和20年(1945)の岐阜大空襲など、街は戦火に見舞われたが、この地蔵が火を防いだとして「火伏せ地蔵(ひぶせじぞう)」とも呼ばれおる。

□地図
□周辺施設紹介へ

□アクセス
東別院鶯谷高校前バス停より徒歩1分

□岐阜バスNaviへ
□レンタサイクル情報
□イベント情報


□ぎふ・いざナビへ