ナビ番号:311
【金神社】
ぬのし姫
音声案内を聞く
わたくし、ぎふ・いざないびと、ぬのし姫がご案内申し上げます。

わたくしは、伊奈波神社の祭神・イニシキイリヒコノミコトの妃で、ここ金神社に祀られております。また、わたくしたちの息子も橿森神社の祭神として、みなで岐阜の街を見守っています。この神社の起源は135年、成務天皇の時代といわれております。境内には小古墳「賀夫良城(かぶらぎ)」があるほか、付近一帯からは多数の須恵器の破片などが大量に出土しており、古墳時代の後半に栄えた場所であると推測されています。現在は、初詣スポットとして多くの参拝客が訪れるほか、繁華街にも近いことから「こがねさん」の名で、市民の憩いの場となっています。

□地図
□周辺施設紹介へ

□アクセス
文化センター金神社前バス停より徒歩2分

□岐阜バスNaviへ
□レンタサイクル情報
□イベント情報


□ぎふ・いざナビへ