ナビ番号:330
【護国之寺】
岐阜市まちなか博士
音声案内を聞く
わたくし、ぎふ・いざないびと、岐阜市まちなか博士がご案内いたします。

このお寺は、高野山真言宗の寺院で、雄総山護国之寺(ゆうそうさん ごこくしじ)、雄総観音(おぶさかんのん)とも呼ばれ親しまれています。寺伝によれば、聖武天皇の勅願により、天平18年(746)行基菩薩が開創され、創建時は三十三の堂塔が並ぶ壮大な寺院であったとされています。また、国宝の金銅獅子唐草文鉢は、東大寺の大仏建立の功績により、日野金丸(ひのきんまろ)が聖武天皇より拝領したという伝説が残されています。

□地図
□周辺施設紹介へ

□アクセス
おぶさバス停より徒歩すぐ

□岐阜バスNaviへ
□レンタサイクル情報
□イベント情報


□ぎふ・いざナビへ