ナビ番号:332
【溝旗神社】
岐阜市まちなか博士
音声案内を聞く
わたくし、ぎふ・いざないびと、岐阜市まちなか博士がご案内いたします。


ここ溝旗神社(みぞばたじんじゃ)は、用明天皇2年(586)、このあたりで疫病が流行ったため「素戔嗚尊(すさのおのみこと)」に祈願したところ疫病がおさまり、その後、社殿が建立されたと伝えられています。平安時代には神仏習合により真言宗の寺院が境内に設置され、「素戔嗚尊」は「牛頭天王(ごずてんのう)」と同一視され、「牛頭天王社」などと呼ばれていました。明治になり神仏混合禁止により寺院を廃止、地名から社名を取り「溝旗神社」となりました。毎年7月頃(旧暦6月15日)に行われる溝旗神社提灯祭りは、江戸時代から続く例大祭です。氏子は赤色の提灯を竹竿につるし神社に向かい、厄除けのお払いを受けた提灯を持ち帰り軒先に吊り下げます。

□地図
□周辺施設紹介へ

□アクセス
名鉄岐阜バス停より徒歩10分

□岐阜バスNaviへ
□レンタサイクル情報
□イベント情報


□ぎふ・いざナビへ